事業資金融資の注意点

できるだけ好条件で事業資金の融資を受けたいという時は、公的融資に条件に該当する融資はないかを確認しましょう。日本には事業者向けにさまざまな公的融資があり、低金利で事業資金を融資してもらうことも可能です。低金利で融資が受けられる反面、公的融資は手続きや審査が長くなりがちなので、早く資金を得たい人には向いていません。また、公的融資の目的は、新規店舗の開店を支援するためのものが多いようです。事業がある程度進んでいる時に、追加資金としては使いにくいようです。仮に、開業してから一定の年数が経過している会社の事業資金の確保が目的なら、決算書を作ることになります。公的融資の審査では、抱え込む負債の大きい会社や、経営が行き詰まっている会社は、融資が難しいこともあります。事業資金の借り入れ時には、担保がいることもありす。また、事業主の債務状況をチェックした上で、問題ない時のみ融資がされることもあるようです。事業資金をノンバンク系の金融会社から融資してもらう場合には、審査は長くても2〜3日程度というのがほとんどのようです。近年では、審査が一時間程度で終わってしまうという金融会社もあります。事業資金の融資を民間に頼んだ場合、銀行や公的融資と比較するとかなり早く結果が出たりします。高金利で、利用限度額もさほど高くないために、ノンバンク系の金融機関の利用は程度問題ともいえます。金利や、各種の貸付条件をチェックした上で、事業資金の融資元になる金融機関を見つけましょう。

ビジネスローンとは

中小規模の事業者や、自営業を営んでいる人への融資に、ノンバンク系の金融会社によるビジネスローンがあります。返済期間が比較的短く、利用上現金額がそれほど高くありません。審査がスピーディで、担保や保証人がいらないという特色がビジネスローンにはあります。ビジネスローンは大まかな傾向があるだけで、定義があるものではないため、中には融資額の大きいものや、担保や保証人がなければいけないというビジネスローンもあります。ビジネスローンを使うタイミングとは、今お金が欲しいという時や、収入を前だおしで使いたいという時などに該当します。ビジネスローンは、今がお金を払うタイミングであるという場合や、つなぎにお金がいる時などに効果的です。重要な機会を、手持ちの資産がないために見逃してしまったということがないよう、ビジネスローンを活用しましょう。新しくビジネスを始めたい、今こそ起業したいと思っても、肝心の資金がなければ話は先に進みません。ビジネスローンのいいところは、会社の起業や経営に役立つためです。一般的に、ビジネスローンは高金利で融資を受けるという傾向があります。ビジネスローンを使うのは、確実に返せるお金の範囲内だけでと決めておくと何かと安心できます。ビジネスローンを利用する時は、返済不能状態に陥ってしまうことがないように十分に注意をしましょう。

ビジネスローンの種類

大きく分けて、ノンバンクと、銀行系の2つのカテゴリが、ビジネスローンが借りられる金融会社にはあります。銀行系のビジネスローンは13%〜18%と低金利で、利用限度額も大口になる傾向があります。ビジネスローンを銀行系で借りると、審査や申込みの手続きが複雑になりがちですし、用意しなければならない書類が増えます。ビジネスローンを銀行系金融会社から借りると、融資を受けるまでの手続きは大変ですが、貸付条件はいいものになります。貸付金額が低めで、銀行系ほど低金利の融資がないことがノンバンク系のビジネスローンの特徴です。金利は24%から29%となります。代わりに、店舗窓口まで行かずとも融資の申し込みができたり、審査が短時間で終わったりもします。ノンバンク系は、急ぎで資金を調達したい時にいいものといえます。ビジネスローンの融資の形は、多く四種類あります。無担保融資、担保融資、売掛債権担保融資、商業手形割引です。担保が必要な融資と、必要としない融資とは、金利も、貸付金額も、審査の内容も、大きく違います。売掛金を、前だおしで資金に組み込みたい時に使うビジネスローンが売掛債権担保融資で、売掛金債権を担保にするものです。商業手形割引では、企業が持っている受取手形を金融機関に裏書譲渡し、その代わりに融資を受けるというものです。ビジネスローンの中でも、担保の代わりに手形を使ったものとなります。